フラクセル2について

お客様からお寄せいただいたご質問を紹介します。

  • フラクセル2をした後は、お化粧をして帰ることができますか?
    直後は、肌負担を避けるためになるべく避けたほうがよろしいですが、軽い化粧であれば問題ないです。
  • フラクセル2をした後の赤みは、何日間くらい続きますか?
    約2~3日ですが、たいていの場合は翌日くらいには、赤味はほぼ引いてしまう場合が多いです。
  • フラクセル2は、どのくらいの間隔で施術を受けるのがよろしいですか?
    最低2週間あいていれば、次の施術は受けることができます。定期的に行なう場合は、3~4週間おきに受けられるのがよろしいでしょう。
  • フラクセル2をする時に、痛みはありますか?
    前処置で麻酔クリームを塗ってから行なうので、痛みはかなり少ないです。また、以前のフラクセルと比べて、同じエネルギー出力でも照射密度が自動調整(減少)されるために、痛みが軽減されています。
  • サーマクール(サーメージ)とどちらが痛いですか?
    フラクセル2は微小レーザーに伴なうダメージであるのに対して、サーマクールはRF(高周波)という電気的なエネルギーに伴なうものです。痛みの感覚の性質が異なりますが、一般的に人は電気的な痛みの方が苦痛に感じます。
  • フラクセル(初代機)の時に塗っていた青いオイルはもう塗る必要が無いのですか?
    はい。レーザー機のハンドピースが肌の表面を感知するために、以前は青いオイルが必要でしたが、透明のものでも感 知できるように進化したので、もはや不要です。
  • フラクセル2が、しみくすみにも効くのはなぜですか?
    しみは、表皮内にメラニン色素が沈着しており、くすみは、古い角質が多い状態です。これらに対してフラクセル2は、低エネルギーで、微小レーザーを細かく照射します。すると、表皮はほとんど目に見えない微小なカサブタとなって剥がれて肌が入れ替わります。これにより、メラニンや古い角質も無くなり、透明感のあるお肌になるのです。
  • フラクセル2は、毛穴の開き、小じわにはどのように効くのですか?
    毛穴の開きは、肌のやや深めまで毛穴の壁(毛包)が弛んできています。また小じわも、肌のやや深めまでコラーゲン線維が緩み始めていることが原因です。フラクセル2は、中レベルのエネルギーでこの深さまで熱を入れて照射します。すると創傷治癒がスタートして、新生コラーゲンが作られ始めます。毛包が引締まることで毛穴は縮小し、ハリが出ることで小じわは目立たなくなります。
  • フラクセル2は、ニキビ跡、傷跡にはどのように効くのですか?
    ニキビ跡、傷跡の病変は、肌の深めまでコラーゲン線維が崩れてしまっています。フラクセル2は、高エネルギーで深くまで熱エネルギーを入れます。すると強い創傷治癒がスタートして、古いコラーゲンが一度熱変性を受け、次第に新生コラーゲンに置き換わり始めます。すると、くぼんで跡になっていた部分が、徐々に平坦化して、スムーズなお肌に戻っていきます。
ご相談・予約
30-5766-0851
受付/年中無休 10:00〜19:00
無料ドクターメール相談
来院予約

FAQ