そして2007年、フラクセル2への進化

面倒なブルーペイント不要! 高エネルギー照射でも痛くない!? 多様な症状に対応可能です。

そして2007年、数々の改良を経て、フラクセル2として進化して再登場しました。

毛穴の開きや汚れ、にきび跡治療にはフラクセル2(フラクセルⅡ) 画像 進化ヴァージョン、フラクセルIIの登場!
進化ヴァージョン、フラクセル2の登場!
◆ 面倒な準備はもう不要です

フラクセルをあてるのに必要でしたブルーペイントはもはや必要ありません。透明のオイルでも、トラッキングシステムが機能するように改良されたためです。これによりペイントを落とす煩わしさも、もう過去のものです。

毛穴の開きや汚れ、にきび跡治療にはフラクセル2(フラクセルⅡ) 画像 ブルーペイントはもう不要
ブルーペイントはもう不要
◆ 高エネルギー照射をしても、少ない痛みで済みます

特にしわやニキビ跡など、肌の深い層も含めた入れ替え治療に対しては、高エネルギー照射が必要です。今までのフラクセルですと、照射エネルギーが増えた分だけ痛みも増えてしまいました。しかしフラクセル2では、そのような痛みに耐える必要はありません。そのような場合、極小レーザー同士の間隔が開いて、分散化することにより肌ダメージをミニマムにします。これにより、痛みも少なくしっかり目の治療が可能になりました。具体的には、フラクセルでは40mJまでの出力までしか出せなかったものが、フラクセル2では70mJまで出力可能になりました。また、同じエネルギーでの照射でも、フラクセル2は深達度が30%増す一方、一つ一つの極小レーザーのヒートショックゾーン( heat shock zone )自体は狭い領域となり、より組織ダメージが少なくなっています。

  • 毛穴の開きや汚れ、にきび跡治療にはフラクセル2(フラクセルⅡ) 図 極小レーザーの分散化
    極小レーザーの分散化
  • 毛穴の開きや汚れ、にきび跡治療にはフラクセル2(フラクセルⅡ) 図 狭いヒートショックゾーン
    狭いヒートショックゾーン
◆ 症状に応じた極小レーザーの変化
毛穴の開きや汚れ、にきび跡治療にはフラクセル2(フラクセルⅡ) 図 極小レーザーの変化
極小レーザーの変化

極小レーザーの形は変幻自在です。しみくすみ毛穴の開き、小じわ、ニキビ跡、傷跡など多様な症状に対応できる技術を、さらに個々の肌トラブルに対して最大限威力が発揮できるように、最適な形に設定できるようになりました。

ご相談・予約
30-5766-0851
受付/年中無休 10:00〜19:00
無料ドクターメール相談
来院予約