極小レーザーの研修・開発

極小レーザーで、肌面のシート構造を壊さず治療します。

今までの肌の若返り治療法は、お肌全体に万遍なく働きかけるものでした。ケミカルピーリングは、酸の刺激をお肌の表面に加える、IPL(光)治療は、お肌の浅いところに光のエネルギーを与えて色味などに反応させる、RF(高周波)治療は、お肌の比較的深めのところに電気的エネルギーを加えて線維構造などを引締める、…といった具合です。

しかし実は、肌は面のダメージにはとても弱い性質を持っています。どういうことかというと、肌面はシート状の構造をしており、ダメージを受けると周囲の肌(正確には基底層や毛包や汗管など)の細胞が、増殖してその部位を早急に再生しますが、肌面のシート構造が壊されていると、再生の源となる周囲の細胞がないために、なかなか再生しません。そのため、若返り効果が充分でなく、場合によっては火傷や色素沈着などのリスク要因となります。

そこで登場したのが、フラクショナル・レーザー技術です。米国のreliant社の「フラクセル」は、極小のレーザーを一定間隔で規則正しく点状に打ち込むことで、肌面のシート構造は壊さずに済みます。

毛穴の開きや汚れ、にきび跡治療にはフラクセル2(フラクセルⅡ) 図 お肌の構造
お肌の構造
毛穴の開きや汚れ、にきび跡治療にはフラクセル2(フラクセルⅡ) 図 お肌の構造
従来型レーザー(または光・高周波)治療とフラクショナル・レーザーの違い
ご相談・予約
30-5766-0851
受付/年中無休 10:00〜19:00
無料ドクターメール相談
来院予約